ゲストにとって楽なホテルウェディング  

今、ホテルでする結婚式が再び急激に増加しています。

その理由は、ホテルの方が遠方から来るゲストにとって負担が少なく、年老いた親戚にも配慮することができるからです。

ホテルウェディングの場合、式場として使ったホテルで宿泊をするケースが非常に多いです。

その理由は、ホテルウェディングで使うので、宿泊料金が格安になるからです。

ホテルウェディングの場合、遠方から来るゲストが多い場合や高齢者や体の不自由なゲストがいる場合、ホテルウェディングだと宿泊先と式場が同じなのでとても楽です。

しかも、式場と宿泊のホテルが別だと式場とホテルの往復の交通費と宿泊料でゲストの負担も半端ではありません。

そのため、そういうゲストは新郎新婦側が宿泊料や交通量を負担すればゲストはご祝儀を包んでくれますが、ゲスト負担の場合はご祝儀がありません。

仮にゲストが負担しているにも関わらずご祝儀を用意してくれていた場合は丁寧にお断りするか後日、新郎新婦がホテル料などをお礼と言う形で返す必要があります。

ホテルウェディングで宿泊利用となれば、ホテルによっても違ってきますが、見積りの中に組み込んでくれるケースもあります。

そのため、その分を他の部分で値引きと言う形をとってくれる場合もあります。

また、ホテルウェディングの場合だとサービスとしてスイートルームを無料で新郎新婦が泊まれるサービスもあります。

結婚式が終わった後も何かとバタバタするので、そのまま会場のホテルで宿泊できると新郎新婦も楽と言えば楽です。

ホテルウェディングは時代が古いと言われていましたが、最近のホテルウェディングも最新の技術を採用していたり、少人数にも対応してくれる所が増えました。