招待したくないゲストも存在する

結婚式をするに当たって、招待したくないゲストがいることもあります。

親族だったり、友達だったり、会社の同僚や上司、なかには親というケースもあります。

招待したくないゲストが友達の場合は、招待状を送らないのもありですが、招待したくないゲストと招待したいゲストが共通の友人だった時に招待状を出したゲストが話してしまうことがあります。

それで招待状を出していない友達にバレてケンカになることもあるし、後味が悪い思いずっとしなくてはいけません。

なので、共通の友人でいる場合は招待したいゲストと仲がとても良いなら言わない様にお願いするのもありです。

会社の同僚や上司の場合、あえて会社の人間を外すようにします。

同僚でプライベートでも仲が良い人がいる場合は会社の同僚と言う形ではなく友人という形でお願いするのがベストです。

もしも会社の上司に結婚式のコトを聞かれたら、相手側の希望で身内だけの小さなものに変更したと上手くごまかすのもひとつの方法です。

招待したくないゲストが親族だった場合は面倒です。

最近では、親族や親を抜きにした友人だけの結婚式と言うスタイルもあります。

この場合は、後日に結婚報告の案内を親族に出し、結婚式は友人のみだけで行った、式や披露宴は行わずに写真だけのモノにしたと言うものありです。

友人だけの方が気が楽なのは確かです。

親族がいない分、ゲストとして招待されている友人も気が楽です。

もしも出し物を考えているなら、親族がいないからこそできる出し物もあります。

ただし親族をゲストとして呼ばない場合は、大きな金額のご祝儀はないと考えなくてはいけません。

そのため、ご祝儀の金額が結婚式の予算よりも上回ることはほとんどありません。