結婚式のスピーチは緊張するのが普通

会話が上手なヒトやおしゃべりが好きなヒトは、友人から自分の結婚式の時に新郎もしくは新婦の友人代表としてのスピーチを頼まれることが多いです。

結婚式というあまり機会のない場所で、しかも大勢のヒトが見ている前でのスピーチと言うのは、とても緊張してしまうものです。

しかも結婚式と言うおめでたい場なので、使う言葉も気を付けなくてはいけないのです。

『切る』や『別れる』、『4』、『終わり』といった単語は縁起が良くないので結婚式では使ってはいけないと昔から言われています。

受験生に『落ちる』や『すべる』という言葉を言ってはいけないのと同じです。

そのため、よっぽどの目立ちたがり屋やそういったスピーチに慣れている人くらいしかスピーチの役を自分から進んでやりたい、と思うヒトはいません。

スピーチをするヒトが変なコトを言えば、スピーチをした本人が結婚式が終わって帰るまで逃げ出したい気持ちでいっぱいになってしまいます。

それでも、友人からの頼みだからと快く引き受けてくれるヒトが多いです。

結婚式での友人のスピーチは、結婚式の進行内容によってどこにスピーチが入ってくるか分かりません。

披露宴が始まって、乾杯の挨拶の後に友人代表のスピーチが来る時もあれば、ある程度進行して出し物などが終わって披露宴の場が盛り上がっている時にスピーチをする時もあります。

スピーチをする友人は緊張の余りで食事が喉を通らない、緊張し過ぎて緊張をやわらげるためにお酒をグイグイ飲んでしまうヒトもいます。

会社のプレゼンの様に失敗が許されないワケではありません。

覚えて来たスピーチが緊張し過ぎて忘れてしまうこともあれば、原稿を見ながらスピーチをするヒトもいます。